本文へスキップ

三重県四日市市のさくら歯科 日本歯周病学会専門医

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.059-326-0054

〒512-1211 三重県四日市市桜町1278-3

さくら歯科院長のキシリトール体験記

キシリトール(Xylitol)って何?

キシリトールとは

さくら歯科院長のキシリトール体験記キシリトールはシラカバやカシを原料とした甘味料です。
その安全性は、WHO(世界保健機構)でも
認められています。
主にフィンランドで生産されています。

イチゴ・ラズベリー・レタス・カリフラワー・
ホウレンソウ等にも含まれています。
また、体内でも肝臓で1日に5〜15g が生産されています。

砂糖と較べて、カロリーは25%も低く、糖度はほぼ同じです。
糖尿病の方も問題なく使用出来るようです。

溶ける時に熱を吸収するので、独特の清涼感があります。

キシリトールは虫歯菌をやっつける!

砂糖を食べると、ミュータンス菌がそれを分解し、
発酵させて酸を作りだします。
その酸によって歯が溶かされることにより、虫歯が出来てしまいます。

キシリトールを食べると、ミュータンス菌がそれを自分の栄養になるものと
間違えて吸収します。
しかし、キシリトールは虫歯菌の栄養となりません。
その結果、ミュータンス菌は、エネルギーを消耗して元気がなくなります。
(いわば、虫歯菌にとってキシリトールはダイエット食のようなものなのです。)

更にキシリトールを長期にわたって使用することで、
ミュータンス菌はどんどん減少し、その結果虫歯が出来にくくなります。

キシリトールのその他効果

私たちの口の中では、食事や間食などにより、バイ菌が酸を産生します。
唾液の中に、この酸を中和する(中性に戻す)成分が存在し、
それにより溶けたエナメル質を再び歯に取り込む再石灰化(さいせっかいか)が行われます。

しかし酸の発生する量や回数が増えると、再石灰化が追いつかずに
虫歯になってしまいます。

キシリトールは唾液の分泌を刺激し、虫歯菌の産生した酸の中和を促進させます。
そして唾液中のカルシウムがエナメル質に戻る(再石灰化する)のを助けます。

キシリトールの標的:ミュータンス菌の検査

虫歯を作る代表的なバイ菌が、皆様のお口の中にどれくらい存在するか、
調べる検査があります。
この検査を、カリエスリスクテスト(唾液検査)といいます。

この検査を行うことにより、あなたにキシリトールがどの程度有効か、
調べることが出来ます。

唾液検査(カリエスリスクテスト)について

カリエスリスクテストは、何種類ものメーカーが検査キットを販売しています。
(或いは、検体をメーカーに送り、分析してもらう方法もあります。)
ところが、検査結果は使用した方法(メーカー)によって異なる場合があり、
患者様のお口の中の状態と、どう考えても合致しない場合がありました。  

そこで、当院では多くの方法を試し、最もお口の中の状況と相関性が高いと思われる
メーカーの製品を用いて、テストを行っています。

また、その結果に対し、どのようなアドバイスをすれば良いか、
様々なノウハウを持っておりますので、皆様のお口の健康維持に大変役立つ
アドバイスが出来ると自負しております。


さくら歯科院長が、積極的にキシリトールをお勧めする理由

かつて、さくら歯科院長のお口の中には、虫歯菌がたくさんいました(;。;)

さくら歯科で唾液検査をはじめたのは、平成14年です。
当時はこの様な検査を行っている歯科医院は希でした。
検査キットを販売するメーカーが、当院まで取材に来たことからも、
当院が予防を先駆けて行っていたことが、おわかりいただけると思います。

ただ、さくら歯科院長は、メーカーや有名な先生が言われていることを、
すぐに鵜呑みにして患者様には行いません。
自分でためすことが出来ることは、事前に必ず自ら行ってみます。

当然、カリエスリスクテスト(唾液検査)も自分で行ってみました。
その結果、ミュータンス菌の比率が最も高く、非常に虫歯になりやすい状態で
あることがわかりました。

『 歯医者のくせに虫歯菌をたくさん持っているなんて 』

と思われるかもしれませんが、実は虫歯菌の比率は乳幼児期に決まってしまいます。
虫歯菌は、乳幼児期に母親からうつると言われています。
(その頃までに、母親のお口の中の虫歯菌を少なくしておくと、
 お子様のお口の中の虫歯菌も、少なくなると言われています。)

従って、どんなに歯磨きをしても、虫歯菌の比率を下げることが出来ません。
(私は殆どの患者様より遙かに長時間歯を磨きます。)

キシリトールが話題になったとき、当初その効果に半信半疑でした。
しかしキシリトールが虫歯菌を減らす効果があることを知り、自分で試してみました。

その結果、なんと!・・・虫歯菌の比率が最も低い水準になりました

そして、検査結果だけでなく、お口の中の状況も一変しました。
どのように変わったかは、・・・ご来院時に御説明いたします。

その後私(院長)は、この効果がどの位持続するのか試すため、
キシリトールの入った物を極力摂らないようにしております。
どの位持続したかは、・・・ご来院時に御説明いたします。

さくら歯科がキシリトールを積極的にお勧めする理由

むし歯予防先進国は、フィンランドです。
同国では、甘味制限をそれほど行わず、主にキシリトール利用ととフッ素洗口等の徹底により、
虫歯を激減させました。

そして先に述べたように、さくら歯科院長が自分のお口で実験し、その効果が絶大であることを
自ら確認しました。

当院が、キシリトールを自信を持ってお勧めする理由は、そこにあります。

ただ、キシリトールを利用する際、注意すべき点があります。
ご来院のうえ唾液検査を受けていただき、検査結果が出てから
詳細なアドバイスをさせていただきます。


SAKURA Dental Clinicさくら歯科

〒512-1211
三重県四日市市桜町1278-3
TEL 059-326-0054

院長 永田 肇
日本歯周病学会 歯周病専門医
日本臨床歯周病学会 認定医
日本臨床歯周病学会 歯周インプラント認定医
日本顎咬合学会 かみ合わせ認定医
日本口臭学会 認定医
日本歯科人間ドック学会 認定医
日本小児歯科学会 会員
赤ちゃん歯科ネットワーク 会員
Myobrace members 加盟歯科医院